いたずら天使
プレママ辞典
こんなときどうするの?
オススメ絵本
ママと一緒に手遊び歌


 すみれのコラム
 お役立ち情報
 トピックス
 おでかけ情報
 きまぐれレシピ
 おすすめリンク集
 ハンドメイド・カフェ



ももたろう
作:新美 南吉  絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 (2005/08)
本体価格: 1,365 (税込) 発行日: 2005年7月


 これまでのオススメの一冊も見てね!


 
おはなしのあらすじ
子ぎつねにとってはじめての冬。冷たい手になってしまったこぎつねに手袋を買いたいおかあさんぎつね。でも、人間が怖くて町へ行くことができません。おかあさんはこぎつねの片方の手を人間の手に変えて一人で買いに行かせます。・・・ところが子ぎつねは間違えて、きつねの方の手を帽子屋に見せてしまいました。

初めての冬を体験するこぎつねは、自分のこどもと姿が重なります。きらきらおめめで寒さなんか気にしません。雪はこぎつねの手を冷たく牡丹色に染めてしまいました。
てぶくろを買ってあげたいけど、人間が怖いおかあさんの気持ちと、好奇心いっぱいのこぎつねの気持ちがやさしく伝わってきます。お話もステキですが、いもと ようこさんの絵が本当にピッタリでかわいいです。(他の本も全種類、揃えたくなりますよ♪)
やさしいおかあさんの顔、わくわくのこぎつねの顔。子供の心にやさしく入り込みます。
「あっ!きつねのてをみせちゃったよ〜」と、どきどき顔!こぎつねと一緒におかいもしている気分になるようです。

 これまでのオススメの一冊も見てね!



 
 
 
  Copyright(c) 2003-2010. ita-ten.com. All right reserved.